研究助成の実績2015年度

『平成27年度 研究助成論文』は、研究助成論文採用の学術研究6点、実務研究3点、研究レポート1点が提出されました。平成28年3月24日(木)に『平成27年度 研究助成論文』発表会を開催いたします。

No. 所属 氏名 研究論文テーマ
1 京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科デザイン工学経営専攻 川勝 祐甫
学術研究 (グループ研究)
SNS上のクチコミが受信者の購買に与える影響 ~ネタ消費に着目して~
2 株式会社クロス・マーケティンググループ クロスラボ 主席研究員 水師 裕
学術研究
支援される他者の抽象度の違いがソシオトロピックな消費に与える影響
3 慶應義塾大学大学院 商学研究科・後期博士課程3年 菊盛 真衣
学術研究
クチコミ発信促進キャンペーンの効果測定  ―金銭的報酬 対 心理的報酬―
4 中央大学大学院 戦略経営研究科 博士後期課程 吉井 健
学術研究
ショールーマーとリバース・ショールーマーの情報探索と購買行動の考察 ―スマートフォン等の携帯端末を活用する来店顧客に向けたプロモーション施策の研究-
5 法政大学大学院 経営学研究科 博士後期課程経営学専攻1年 剣持 真
学術研究
態度ロイヤルティ状況別の行動ロイヤルティ向上プログラム効果測定に関する研究
6 早稲田大学大学院 商学研究科2年 西井 真祐子
学術研究
消費者の「似合う」の変容と購買意図に対する影響 ― 制御焦点理論を適用した日本とイタリアの国際比較 ―
7 公益財団法人流通経済研究所 店頭研究開発室 研究員 三坂 昇司
実務研究
店頭におけるチャレンジャーブランドの新奇性訴求効果
8 株式会社電通テック プロモーション・ディレクション事業部店頭企画部 部長 向坂 文宏
実務研究 (グループ研究)
オムニチャネル・ショッパーにドライブする“デジタルプロモーション手法”の解明 ~デジタル時代における新たな顧客開拓を目指して~
9 株式会社博報堂プロダクツ ダイレクトマーケティング事業本部データベースマーケティング一部シニアデータベースマーケティングディレクター 大木 真吾
実務研究 (グループ研究)
顧客の「優良化」を適える示唆を得るために、 ID-POSデータ分析からの考察を試みる
10 京都工芸繊維大学 工芸科学部デザイン経営工学課程4年生 栗山 眞
研究レポート (グループ研究)
チャット接客がネットショッピングの購買意向に与える影響に関して