活動報告

2020年度の活動

2020年度は二つの施策、「研究助成活動」と「業界提言コンテスト」に取り組みました。
2020年度、「研究助成活動」は14回目を迎え、多様な角度から研究テーマが寄せられ、学術研究4点、実務研究2点、研究レポート1点、計7点に研究助成を行いました。「業界提言コンテスト」は、11点の応募があり、初めて最優秀賞が決定しました。

(1)「研究助成」事業

プロモーション学会役員会と学会委員会で審議し、学術研究論文4点、実務研究論文2点、研究レポート1点、計7点に助成を行いました。
2020年度研究助成論文発表会は、2021年3月24日(水)オンラインで開催しました。 
査読付き論文を掲載する論文集「プロモーショナル・マーケティング研究・vol.14」は、2021年10月に発行する予定です。

日本プロモーショナル・マーケティング学会研究助成論文発表会

的確かつ高度なプロモーショナル・マーケティング活動を実現するため、学会と産業界が一体となり研究を推進し論文を募集。年1回の研究助成論文報告会に参加いただけます。
2020年度研究助成論文発表会は、以下の通り実施しました。

対象日本プロモーショナル・マーケティング学会会員と協賛企業会員の方、研究助成論文発表会の聴講希望の方は、gakkai@jpm-imc.jpまでお問合せ下さい。
定員なし
日程2020年度研究助成論文発表会
2021年3月24日(水) = 終了 =
会場日本印刷会館2F会議室
〒104-0041 東京都中央区新富1-16-8
費用学会費、協賛費に含まれます
申込み方法協賛会社、学会員限定のため、所定の申込書にてお申込み下さい。

(2)「業界提言コンテスト」の実施

プロモーション業界の価値向上に向けて、常日頃感じていることや実務に示唆を提供したいこと等について、「私のプロモーション業界への提言」という自由な形での論文を募集。

<論文募集> 2020年8月中旬募集開始~11月末締切
<審査会>  2021年2月18日 (学会役員及び協賛企業の審査員)
<受賞作品> 最優秀賞・・・・・・1点
       「効率を追求するデジタルマーケティングの先にあるもの」
       ~フィルターバブルの中に閉じこめられる生活者を解き放つには~
       大日本印刷株式会社
       情報イノベーション事業部 
       福井 剣太氏

       優秀賞・・・・・・・・該当なし