研究助成の実績2014年度

『平成26年度 研究助成論文』は、研究助成論文採用の学術研究9点、実務研究3点、研究レポート2点が提出されました。平成27年3月24日(火)に『平成26年度 研究助成論文』発表会を開催いたします。

No. 所属 氏名 研究論文テーマ
1 京都大学大学院 経済学研究科博士後期課程経済学専攻2年 濱田 俊也
学術研究
ゲーミフィケーションを活用したWEBサービスにおけるユーザーの賞賛獲得欲求と解釈レベルがセルフ・コントロールに与える影響
2 株式会社クロス・マーケティング 水師 裕
学術研究 (グループ研究)
ショールーミングの取引特定的満足についての要因分析 ―ストアコミットメントと価格差知覚の観点から―
3 慶應義塾大学大学院 経営管理研究科後期博士課程3年 飯野 純彦
学術研究
時間軸を考慮した消費者の選択行動
4 慶應義塾大学大学院 商学研究科 助教 後期博士課程2年 菊盛 真衣
学術研究
否定的な製品評価が優勢なウェブサイトにおける少数の肯定的なeクチコミの影響
5 中央大学専門職大学院 戦略経営研究学科 修士課程 積田 唯
学術研究
女子大学生の昼食における購買行動 なぜ、スーパーマーケットで中食を購入しないのか
6 中央大学専門職大学院 戦略経営研究学科 正木 京一
学術研究
「検索データを活用した「コト」マーケティングの効果」 食品購入における「コト」マーケティングの消費者購買モデルの研究
7 中央大学大学院 戦略経営研究科ビジネス科学専攻博士後期課程第2学年 吉井 健
学術研究
多様的なショールーマーの情報探索と購買行動に関する実証研究
8 明治大学専門職大学院 グローバルビジネス研究科グローバルビジネス専攻 神田 正樹
学術研究
SPA(アパレル製造小売業)におけるサービス・イノベーション
9 早稲田大学大学院 商学研究科博士後期課程 臼井 浩子
学術研究
ソーシャルメディア上のクチコミ促進要因に関する研究 ~消費者の自己概念と自尊感情に着目した商品カテゴリー別の検証~
10 株式会社電通 統合データ・ソリューションセンター リテールインテリジェンス開発部マーケティング・スーパーバイザー 三浦 啓子
実務研究 (グループ研究)
カスタマージャーニーから把握するコンタクトポイントの購買貢献度
11 株式会社博報堂プロダクツ プロモーションプロデュース事業本部 プロモーションプランニング1部チーフプランニングディレクター 浅原 尚弥
実務研究 (グループ研究)
ソーシャルメディアが店頭購買の決定に及ぼす影響について ~プロモーション手法で比較する、購入決定と拡散の影響を考察~
12 公益財団法人流通経済研究所 リサーチ店頭グループ 研究員 三坂 昇司
実務研究
店頭における情緒的価値向上施策の検討 ―既存ブランドの新奇性訴求が情緒的価値と売場内購買行動に与える影響―
13 京都工芸繊維大学 工芸科学部デザイン経営工学課程4年生 村重 悠太
研究レポート (グループ研究)
電子化ポイントカードの利用意図に影響を与える要因についての検討
14 慶應義塾大学 文学部人文社会学科4年 蓮岡 聡美
研究レポート
購買履歴・検索履歴・デモグラフィックス情報に基づいてパーソナライズされたWeb上のアド型メディアに対する消費者反応 ――忌避行動に着目して――