研究助成の実績2018年度

No. 所属 氏名 研究論文テーマ
1 筑波大学大学院 ビジネス科学研究科 クロスマーケティング クロスラボ主席研究員水師 裕
学術研究
「間接互恵性における選別的利他戦略による消費者間評価生成の検討」
2 高崎経済大学 経済学部経営学科講師三富 悠紀
学術研究
「残り時間」が商品評価に与える影響
3 株式会社小田急エージェンシー プランニング部古谷 奈菜
実務研究 (グループ研究)
若者のレトロ商品における利用動機に関する研究 -使い捨てフィルムカメラを対象としたノスタルジアと新奇性からの検討-
4 筑波大学大学院 ビジネス科学研究科 企業科学専攻 システムズ・マネジメントコース2年三浦 賢一
学術研究
OTC医薬品における販売店舗・情報提供施策の消費者行動に与える影響
5 中央大学大学院 戦略経営研究科 ビジネス科学専攻 博士後期課程 杉本 ゆかり
学術研究
ヘルスケアビジネスにおける 継続的 選択の 意思決定に関する検討 ―情報処理システム による 思考スタイルを援用した患者インサイト―
6 ジェイアール東日本企画 駅消費研究センター 研究員松本 阿礼
実務研究
駅ビルのカフェ が利用者行動に与える影響
7 京都大学大学院 経済学研究科 博士後期課程 経済学専攻 4年濵田 俊也 学術研究 ゲーミフィケーション活用サービスによるユーザー心理への影響の利用動機の違いによって生じる差異
8 上智大学 経済学部 経営学科 4年 杉本ゼミ長谷 ゆき恵
研究レポート (グループ研究)
感情労働マネジメントによる効果的な販売促進とマーケティング・コミュニケーション
9 公益財団法人流通経済研究所 店頭研究開発室・研究員 千葉大学大学院 融合理工学府創成工学専攻デザインコース 博士後期課程1年三坂 昇司
実務研究
品揃えSKU数の違いによる売場評価への影響 -バーチャルリアリティ空間における生理指標を用いた検討-
10 早稲田大学大学院 商学研究科博士後期課程1年河股 久司
学術研究
グルメ予約サイトに提示された極端な予算額が、消費者のコースメニュー選択に与える影響
11 大妻女子大学 家政学部 被服学科 准教授吉井 健
学術研究
ショールーミング志向者のアパレル商品購買に向けた情報探索と購買行動の研究 ―リアル店舗とネット店舗でのプロモーション施策の検討―