研究助成の実績2013年度

『平成25年度 研究助成論文』は、研究助成論文採用の学術界の研究者と協賛会社の研究者から8点の研究論文と3点の研究レポートが提出されました。平成26年3月18日(火)に『平成25年度 研究助成論文』発表会を開催いたしました。

No. 所属 氏名 研究論文テーマ
1京都大学大学院
経済学研究科博士後期課程
経済学専攻
濱田 俊也
学術研究
B2Cビジネスでのゲーミフィケーションの利用がプロモーション効果に与える影響について
2慶應義塾大学大学院
経営管理研究科後期博士課程2年
飯野 純彦
学術研究
選択肢が多すぎる状況下での、消費者による妥協選択行動に対する回避策の提案
3明治学院大学大学院
経済学研究科経営学専攻2年
奥田 沙樹
学術研究 (グループ研究)
次世代型飲料自動販売機における購買を促進する情報提供のあり方とプロモーショナル・マーケティングの可能性
4早稲田大学大学院
商学研究科商学専攻博士後期課程2年
金子 充
学術研究
ポイントは効果的なのか?
5東京経済大学
経営学部流通マーケティング学科
教授
本藤 貴康
実務研究 (グループ研究)
ID-POSに基づいたチェリーピッカーの段階的可視化と購買行動変化に関する研究
6公益財団法人流通経済研究所 三坂 昇司
実務研究
ショッパーの情緒的価値向上のための店頭実験 -新奇性訴求による情緒的価値と売場における行動の関係-
7株式会社ジェイアール東日本企画 梅津 充幸
実務研究 (グループ研究)
移動者の「合間の時間」・シチュエーションに着目した購買行動プロセス研究 -購買起点アンケートデータを中心とした分析-
8株式会社博報堂プロダクツ
プロモーションプロデュース事業本部
プロモーションプランニング一部
阿部 憲政
実務研究
ラポールテクニックによる購買欲求の発生タイミングの考察
9京都工芸繊維大学
工芸科学部
デザイン経営工学課程4年生
北村 亮太
研究レポート (グループ研究)
店頭におけるインターネット上のクチコミの提示が消費者の購買行動に与える影響について
10慶應義塾大学
商学部商学科4年
磯邉 海舟
研究レポート (グループ研究)
おまけセールス・プロモーションの影響
11上智大学
経済学部経営学科4年
中村 春香
研究レポート (グループ研究)
Made in Japan製品のプロモーションに対するクールジャパンの効果的活用